スポンサードリンク

新宿二丁目最強のバルク!芳賀セブンです!

今回はとても深い話。正直僕が、こうやって分かってるように書くのも申し訳ない感じがしてしまう程のお話なんですが・・・「食べなきゃ痩せない」って話を書いていこうかなと思います。

ダイエット中、どうしても節制が強まり過ぎて食事量をガンガン落としてしまう方いますよね?そうです僕ですwww

過去のダイエットで「体重落とさなきゃ・・・」という使命感から無理に食事量を落とし過ぎてしまうんですよね・・・

今回は僕の過去の経験を踏まえつつ「食べなきゃ痩せない」ってことに関して簡単に書いていけたらなと思います。

宜しくお願いします!!

スポンサードリンク

食べなきゃ痩せる為に動くことすらできない

今から4年前。僕が学生ボディビル大会に出る為に、ダイエットしてた時の話です。

当時の食事は脂質は完全にカットして全く摂ってませんでした。

そして体重の減りが鈍くなってきたら、炭水化物の量を落としてタンパク質の量を増やす。

しかしタンパク質の量を増やすのは限界があるので、結果摂取カロリーがドンドン落ちていく。

脂質を完全にカットしてるのに摂取カロリーすらまともに摂れていないと、動くことが出来なくなってきます。

身体は入ってくるカロリーが少ないと省エネモードになって、自然と歩くスピードが遅くなったり横になってる時間が長くなったり、動きたくなくなるようになっています。

ダイエット中、動く活力が湧かないで動けないってのはあってはいけない事です。

2015年度のダイエットの時は最終的に1100㎉しか摂っていませんでした。

1100㎉って7歳児の平均基礎代謝ですよ?ww

もうそこまで来ると、メンタルは完全に逝っちゃっていました。

※当時のどん底飯。最後の最後にメンタルやられて塩すらカットして自滅した。動くことすら物事を考えることすら出来なかった。発狂しまくってた。もうあんな思いはしたくない。

ご飯にかけるごま塩の「黒ゴマ」を食べるだけで脂肪になり太るんじゃないかと思い込んでいました。

そんな訳ないのに・・・体重落とさなきゃいけないと使命感に駆られて食事落としまくった人間には常識なんて通用しません。当たり前の事が分からなくなっています。

でも摂取カロリー上げるのは怖いので出来ない。それでいて動く為のカロリーすらない。

負のスパイラルに陥ってしまいます。

結局筋トレすらまともに出来ず、キレ食いの日々が続き、絞ることが出来ずにその年は幕を閉じました。

7歳児の基礎代謝分しか食べてなくても脂肪は落ちないってことです。脂肪は落ちないけど筋肉は見事にガッツリと落ちました。

苦しいからダイエットが上手く進んでいる訳ではないんです。

「食べなきゃ痩せる為に動くことすらできない。痩せる為のカロリーすら無い」ってことをこの年に学びました。

迷ったら摂取カロリーを上げる

過去の経験で、カロリー落としまくって筋トレしていたのにも関わらず全く絞れることなく、筋肉と精神だけが削られてヤツレまくった身体になってしまいました。

※見てくれよこのヤツレタ身体・・・酷いもんだぜ。

過去にこれ以上減らしたらマズい・・・と思う所まで食事を落としました。

それで上手くいかないんだから、減らしても意味がない。って感じたんです。

減らして駄目なら増やせばいい。今年の僕は食事を減らさない様に意識しています。

少し減ったけど、なるべく落とさないって感じ。

そしたら筋トレでの使用重量をあまり落とすことなく、15kg絞ることが出来ました。

これはデカすぎる進歩です。

※もういいよ今年は!!よく頑張ってるよ俺・・・

過去のダイエットは使用重量落ちるだけでなく、筋トレすらしたくなくなってしまってたし、BIG3もやりたくなくなり、マシンばっかやってました。

その頃を考えると、あまりにも凄すぎる進歩です。僕は嬉しい。

created by Rinker
¥2,035 (2020/09/17 16:02:19時点 Amazon調べ-詳細)

大会で勝てるほどのコンディションだとは勿論思っていないし、勝てるとも思ってない。でも僕は過去の自分と比べてここまで成長出来てるのが本当に嬉しい。もうボディビルなんかどうでもいいww

素直に自分を褒めたい。

食事量を落とさず15kg絞った方法5つ

べつに変わった事はしていません

・1~2か月で一気に落とした

・体重が停滞しても我慢して様子見た

・摂取カロリー変えずに食べる物を変えてみた

・部位ごとに摂取する炭水化物の量に差をつけてみた

・運動量を増やす

くらいかな?他にも色々試してみたけど結局これらが効果あったかもしれない。

このなかで特に気になるであろう1~2か月で一気に落としたことに関して少し書きます。

僕はこれだ!と決めた食事を最初の何か月間か続けました。一気に何キロ落ちようがお構いなしに絞っていきました。

でも周りはこう言います「一気に落とし過ぎだ」ってね。「月2kgペースがダイエットには最適なペースだ」って。

全く参考にならない声だった。じゃあ考えて欲しい。

脂肪まみれの体重200kgの人にそれ言いますか?1年かけて12kg落として188kgにしかならない。

違くない?ww

月2kgってのは間違いないと思うんだけど、それはあくまである程度減量が進んできた人に当てはまることだと思うんですよね。

なので、減量の最初の期間で落ちる分は殆ど水分なわけだし、気にする必要はないと思うんです。

落ちるだけガンガン落とせば良いと思う。これが僕の考えです。

スポンサードリンク

食べなきゃ痩せないって話のまとめ

昔の酷い経験から学んだことはカロリー落として、ヘロヘロになりながらダイエットしてたけど脂肪は落ちない。

辛いからダイエットが上手く進んでる訳ではないってこと。

炭水化物を落としカロリーを削ることは、体重計の数値を減らすことには手っ取り早いし強力な手段ではあるけど、それは脂肪ではなく筋肉を大量虐殺しているという事なんです。

今年僕は、もうあんなキツイ思いしたくないと思っていたし楽に生活したかったんで、どうやったら楽に過ごせるかな~と考えて自分なりに試行錯誤してやった結果が身体にも出てきてくれました。

完璧には絞れてないけれど、4年前と比べたらデカすぎる変化です!!

僕は大会で勝つ!とかそんな事どうでもいい。目指すのは過去最高の自分なんです。何回も言ってるけどね。

食べないのがダイエットではない。しっかり食べて健康的に食生活の改善がされるのがダイエットなんだなと思います。

体重落とさなきゃと数値ばかり見てたら、ドンドン食事減らしていって病的な身体になっていくでしょう。

そこまでして絞ろうとするならば、僕は逆に絞らず甘々のまま大会出ますね。バカバカしいので。

つけるのは大変だけど、減らすのは簡単なんですよ筋肉って。是非この言葉覚えておいてくださいねww

 

ってことで今回はここまで。

最後まで記事を読んでくださってありがとうございました!!

スポンサードリンク

おすすめの記事