スポンサードリンク
新宿2丁目最強のバルク!芳賀セブンです!

2月9,10,11日に行われた、国内のパワーリフティング大会で一番規模の大きい、ジャパンクラシックパワーリフティング大会(通称:JCP)に出場してきました!

各地方大会で各階級ごとに定められた標準記録を上回る記録を出せば、誰にでも出場権があります。

パワーリフティングをやってる人ならば1回は出てみたいと思う大会です。

全国大会にしては比較的簡単に出場資格を得ることが出来、全国の強豪選手の方々と接触することが出来ます。

繋がりが増えて、しかも情報交換もできます。最近だとSNSを通じての選手間の交流が増えており、選手含め関係者同士の親交を深める為の飲み会も大会後に開かれているのも目にします。

※去年の大会後の打ち上げ

そんな最近更なる盛り上がりが出てきているJCPですが、”去年出場するつもりだったJCP”も今年何とか出れたJCPも沢山話したいことがあるので今回まとめてみようと思いました。

JCPとは

J=ジャパン

C=クラシック

P=パワーリフティング

の略称で、国内で行われるパワーリフティングの大会では1番規模の大きい大会です。

全国の各地方で行われる地区予選大会で、各階級ごとに定められた標準記録を突破した選手のみに出場資格が与えられます。

厳しそうに聞こえますが各階級の上位入賞者ではなく、標準記録さえ突破出来てれば上限人数関係なく出場資格が与えられますので比較的簡単に出れる全国大会だと思います。

パワーリフティング大会で行う・スクワット・ベンチプレス・デッドリフトの3種目の記録を足した合計重量が定められた重量を超すことが出来れば、標準記録突破となります。

ちなみに各階級の標準記録は以下となっています(一般の部)

男子59kg級⇒395kg          女子47kg級⇒190kg

男子66kg級⇒435kg          女子52kg級⇒210kg

男子74kg級⇒475kg          女子57kg級⇒225kg

男子83kg級⇒510kg          女子63kg級⇒235kg

男子93kg級⇒535kg          女子72kg級⇒247.5kg

男子105kg級⇒560kg👈僕の階級     女子84kg級⇒257.5kg

男子120kg級⇒580kg         女子84kg超級⇒263.5kg

男子120kg超級⇒590kg

となっています。

階級は一般の部以外にも、ジュニアの部、サブジュニアの部、障害者の部があります。

ジュニアは23歳以下、サブジュニアは高校生・・・だっけ?そこら辺はパワーリフティングのHPをご覧くださいw

あと全国規模の大会になると身に着けるストラップ(リストラップやニースリーブ、ベルト)にも厳しく規定があり、僕が神奈川大会で手首に巻いてたリストラップはシーク社製の物を使っていたんですが「JCPではこれは使えません」と役員の方に言われてしまったんです。

これが普段使用していたシーク社製のリストラップ

なので仕方なく、会場でブースを開いていたSBDの売店で新しくリストラップ買っちゃいました・・・約6,000円・・・はあ。

これが新しく買ったSBD社製のリフトラップ。1mのタイプを買いました。

created by Rinker
SBD
¥6,100 (2020/09/17 12:31:19時点 Amazon調べ-詳細)

やはり全国大会なので、地方大会と比べると規定も厳しくなっており事前にドーピング講習会の受講して受講証明書も必要になってきます。

今年のJCPエピソード

僕は前年度パワーリフティング大会デビューを果たし神奈川大会でも勝つことが出来たので当然JCPには出るつもりでした。場所は沖縄で開催されたのですが・・・

出たかったです・・・。

去年のJCPの大会要項が発表されて、ネットで要項を見て確認しただけで僕は出る気になってしまった。

すっかり大会に申し込むのを忘れてしまっていたのです👈ほんとにアホ

同級生・同階級のライバルの人と決着は沖縄でつけよう!と言っていたのですが、エントリー表が発表されてからすぐに、ライバルの人から連絡が来ました。

「芳賀君JCP出ないの!?w」って。

僕はその時、新宿二丁目でのんきにお酒を飲んでベロベロでしたが一瞬で酔いが覚めました。

「なに?そんな馬鹿な。」と思ってエントリー表を確認したら見事に僕の名前がなかった。

沖縄県協会側のミスだと思って後日電話して確認してもらいましたが、「申込書がどこにもない!」との事で、自分の記憶をたどってみると、確かに郵送した記憶がない・・・

沢山の方々を巻き込み、しかも家族も応援に来ると言って飛行機やホテル等を予約していたのに急に出れなくなったとか僕が言うもんだから・・・そりゃ怒られました。

僕も飛行機やホテルを予約していたので、キャンセルも勿体ないので大会参戦ではなく「大会観戦兼沖縄旅行」に切り替えました。

家族含めあの騒動に関わった関わらせてしまった皆さま・・・本当に申し訳ありませんでした。

 

あの悪夢から1年・・・

 

今年度も神奈川県予選で勝つことが出来たので、JCPへは出る気満々でした。申し込み締め切りが12月末までだったので頑張って済ませました。それは良かったのですが・・・

以前からもっと男からモテたい!という欲と、久々に絞ってボディビルの大会に出たいなって欲があって、いち早く身体を変えたいという気持ちが強かったんです。

JCP終わってからでも遅くはなかったのに、我慢できなくて1か月前倒しでダイエットを始めてしまったんです。

べつに急いでる訳ではないのですが、早く身体を変えたい一心でトレーニングをガンガンとやってて、ちょっとした時間があれば昼間にジムに行って一呼吸置いて夜もジムに行って・・・の日々でした(今もそうです)

身体はどんどん絞れていきましたが、体重おちるペースが速すぎてBIG3の使用重量はどんどん落ちていくのでした。

それでも、筋肉を動かしてかく汗と気の合う仲間と話すのがとても気持ちよくて楽しくて仕方なかったんです。

※気持ちよくなってる図

いつしかJCPで良い結果を残したい!という気持ちより、モテたい!カッコ良くなりたい!ボディビルに出たい!という気持ちが先行してしまってパワーリフティングの事は頭からなくなってしまいました。

真剣に取り組まれている方々からしたら本当に失礼な話だと思います。

しかも、ドーピング講習会受け忘れてるし・・・本来JCPに出場するにはドーピング講習会を受けて受講証明書をもらって提出しなければ出れません。しかし毎年受け忘れる人は何人かいるみたいで対応もちゃんとあるみたいで、次回全国規模の大会に出る際は必ず受講するようにしてください。という事で出場をみとめてくださいました。また出れないかも・・という去年の悪夢が頭をよぎりました。またやったかと。

こんな中途半端な気持ちとコンディションなのにわざわざホテル泊まるまでもないな。と思ってJCP前夜は開催地の近くに住んでいてたまたま大会補助員として会場に来てた友達の家に泊まらせてもらう事になったんですが・・・

※友達の家の図

ベットが1つしかなく、クッションもソファーも何か分厚い布も何もなく固いフローリングの上で寝ることになりました。しかも気温0度の中、空調もつけれない、テレビもないので音もない・・・しかも口にできるのは麦・サバ・鶏胸肉・水・・・ひもじいし孤独感がすごかったww

贅沢を言っているのか、普段自分が恵まれ過ぎているのか本音が出てしまいましたが、正直寝れたものじゃなかったです。

結局、寝れないで徹夜しました・・・

会場に着いたらコスチュームチェックという身に付ける物の検査があります。不正をしてないか調べる為に。そこで引っかかったのがリストラップです。普段使ってるシーク社製のリストラップは全国規模のパワーリフティング大会では使用出来ないのです。神奈川大会では普通に使えたので今回も大丈夫だろうと思っていました。

結局会場にブースを出していたSBD社製の高っかい高級なリストラップを買う羽目になってしまいました。

マジでしっかりしてくれよ俺・・・

スポンサードリンク

ベンチプレスの振り返り

結果

140kg✖ー140kg〇ー142.5kg✖

実際に普段からパワーリフティング式のベンチプレスの練習をしたことなく、最近は胸の日でもベンチプレスをしない時も多かったです。

105kg級のベンチプレスの1人目だったのにびっくりしました。

「え?お、俺????え、ちょっと待って!!準備してないよ!!!」って感じでかなり焦りました。

前回大会に出た時は145kgスタートでしたので、流石に140kgくらいなら上がるだろ!と思って140kgに設定しました。

ですが、胸に下ろしていく最中に思ったのですが「お、重すぎるぅぅぅぅ」と。結局140kgぶっ潰れました。

最初の競技者で一番軽い重量で潰れるってカッコ悪・・・と思いましたが仕方ないです。弱いんだから仕方ない。次に気持ちを切り替えました。

ちなみにベンチ・スクワット・デッドリフトのどれか1種目でも3回連続で失敗すると大会に記録は残りません。

それだけは避けねばばりません。第一試技失敗というのはそれだけヤバい事なんです。

どうしよう!!!と思って思いついたのが、腿の内側にも滑り止めを塗りたくってベンチ台をバーを握る幅も指一本分広くしました。思い付きで。その方が力の入る感覚は変わるけど押す可動域が短くなるし・・・と思って。

で結果、第2試技は140kgなんとか押し切れました。

第3試技は145kgは絶対に潰れると思ったので142.5kgを申告して見事に潰れました。

せっかく買ったSBDのリストストラップ機能してくれないじゃんかよ!!👈俺が弱いだけ

も~ベンチつまんない!!!

スクワットの振り返り

結果

220kg〇ー230kg〇ー240kg✖

自己ベストの260kgからは大きく離れてしまいました。

前回の脚トレでスクワット230kgは立てると分かっていたので、目標が240kgでした。

担いだ瞬間は軽いじゃん!絶対いける!と思ったのですが立ち上がる時に粘れませんでした・・・途中で力が切れちゃいました。

ちょっと脚幅狭めすぎたかな?とも思いました。正確にこれ!といった決まった脚幅を決めてないものですから。とりあえず狭めのナロースタンスで!って感じです。

230kgの感覚で言えば235kgならギリギリ立てたかもしれないけど、キリが悪かったで思いっきって240kgを申告しました。

SBDのストラップ機能してくれないじゃんかよ~👈俺が弱いだけ

スクワットはどんなに使用重量が落ちようと、ダイエットを促進させる為にも下半身を作る為にも必要だと思っているのでダイエット中も欠かさず行おうと思っています!!

スポンサードリンク

デッドリフトの振り返り

結果

240kg〇ー260kg〇ー267.5kg〇

去年出した自己ベストの282.5kgからは-15kgという結果でした。目標は270kg引ければいいかなって思ってたのですが、デッドに関しては失敗するくらいなら確実に引きたい!と思ってました。

今回実験的に、アンモニアと併用して使ったのがワサビ。調味料のワサビです。

アンモニアは僕のデッドリフトではもはやルーティン

頭にツーンとする物は、頭のリミッターを外して限界値を引き伸ばしてくれると聞いたので今回食ってから試技に挑みました。

アンモニアをガンガン嗅いで、悶絶してる最中にチューブワサビを食うという荒業。

結果としては最初の240kgは軽く感じましたし、ガツンと引けた。

だけどいつも食事で使ってる物とは違う、チューブワサビだったもので口に合わなかったのかそこまで強烈にツーンは来なかった。

なんかいつもと違う変な感じが口に残るのか嫌だったので1回で辞めときました。

一番良いのはおろしたての新鮮な本わさびを食うのが一番効くのでしょうけど、会場でそんなことしてる訳にもいかないのでもしワサビデッドリフトをするのであれば使い慣れてるワサビ、高級なチューブワサビを食う様にしましょう。

てかアンモニア嗅いで咳き込んでたら、終わった後に審判員の方からお叱りを受けました。

「観客の前でしちゃダメです。裏でやりなさい。」と。

アンモニア嗅いで怒られるのは初めてでした。でもそれも審判員次第だなと思います。他の役員の方も言ってたし。隣の会場では思いっきり嗅いで叫びまくってる選手もいたので・・・ww

まーしょうがない!!次回からは気を付けよう!!

靴はデッドリフトだけ変えました。上履きにしてみました。上履きを馬鹿にする人もいますが全然わかってないですね。

上履きは・・・「原点にして頂点」と言われる最強の筋トレシューズだと思っています。

「安い・ソール薄い・履きやすい」の3拍子が揃った筋トレ神シューズです。文字も書けるので個性も出しやすいです。

見た目以上にパワー発揮してくれるのでお勧めです!!迷ったらとりあえず上履き買いましょう!!

JCPに出場した振り返りのまとめ

どうしてもダイエットが待ちきれなくてフライングしてしまいました。

前大会出た時と比べて8kg程軽い体重で出場しましたので、当然結果はボロボロでしたがその時の全力は出し尽くしました。

徹夜の件も黙ってホテルを予約しとけばこんなことにはならなかったはず。全て僕が悪いんです。

でも人前に立って試技出来たことに関しては、とても気持ち良かったです。

皆様の前に出て何かを全力でやって披露するってとても気持ち良いし楽しい!!

また出たいと思いました!試技以外も普段顔を合わせることの出来ない他県の方々と話したり接触出来て繋がりが出来ることも素晴らしいと思いました。

大会終わった後は沢山の方と写真を撮りました!

※マスキュラーは僕にとってのピースポーズ

情報を共有して、ヤル気・モチベーションを上げる為にどんどん大会に出たいな!と思ってます。

次回パワーリフティングの大会に出るとしたら93kg級かな・・・もし出るのであれば4月に行われる東京パワーと11月の神奈川県大会かな・・・

今年はボディビルメインになると思うけど、コンディション次第ではパワーリフティングの大会にもちょこっと出てみたいな!!

繋がりが増えるって楽しいし素晴らしい事だなって感じれたし、SNS見てても思いました。

大会出る出ないで悩んでる人は、まず出よう!それだけ。何も得ることないし始まらないぞ!!

スポンサードリンク

おすすめの記事