スポンサードリンク

新宿二丁目最強のバルク芳賀セブンです!

今回は僕が昔ボディビル雑誌に特集を組んでもらった時の内容の話をしたいと思います。

日本のボディビル会を代表する雑誌で月間ボディビルディングと言うのがあるんですけど、僕がボディビルデビューした2013年度の関東学生ボディビル選手権で新人戦優勝、総合7位の成績を出した後、記者さんの目にとまり取材を受けました。その後の全日本学生大会は21位で予選敗退してしまったんですけど、可能性を買われてその年に有名選手を集めた食事会に呼ばれたもんです。

今回は月間ボディビルディングの特集ページに書かれた内容を久しぶりに見ていきたいなと思います。よろしくお願いします。

created by Rinker
体育とスポーツ出版社
¥1,250 (2020/07/07 06:40:42時点 Amazon調べ-詳細)

帰ってきたウルトラセブン

関東学生選手権で初めて芳賀選手を見た時は衝撃的だった。粗削り、甘いながらそのスケールの大きさ、えもいわれぬ存在感に圧倒された。

彼が大学二年生であるという事を考えると、来年以降楽しみな選手であるという事は間違いない。若干胸の薄さが気になるが肩腕は太く上着を着ていてもその大きさには圧倒される。

2013年も105kgから82kgまで減量したという。普段は~~大学柔道部に籍を置き、学校のトレーニングルームでトレーニングをしてるという。非常に特異なキャラの持ち主で、ウルトラセブンのフリーポーズも面白かった。

記者「本日はご苦労様!残念だったね?残ると思ったんだけど1票差だったよ」

芳賀「落ちちゃいました。進化したウルトラセブンを見て欲しかったです笑」

記者「それは残念だったよ笑 早速なんだけど、トレーニングを始めたのはいつかな?」

芳賀「小学4年生の時に格闘家のボブ・サップを見て憧れてあんな身体になりたいな?と思い腕立てを始めました」

記者「小4で?それから本格的にバーベルを持ったのは?」

芳賀「高校に入ってからです。ただ知識がなくて何をやっていいか分からず、闇雲にベンチだけをやっていました。」

記者「とりあえず、誰しもがベンチを頑張るだろ?ベンチプレスは最初何キロ挙がったの?」

芳賀「90kgが1回挙がりました」

記者「それは凄い!それからどんなトレーニングをやってた?」

芳賀「高校の柔道部を引退して、セントラルに入会し、色々な方にアドバイスを頂きました。そこでピラミッド方式を教わりました。全身を1週間で3回トレーニングしてました。順番はこうです。①胸・三頭・デッドリフト②背中・二頭・脚③肩…知識が無いので自分で考えました。

記者「これは凄いね!普通はこの組み合わせは考えないよ。いや、ありえないね。背中と脚はキツイだろ。で、現在は?」

芳賀「月曜胸、火曜背中、水曜肩、木曜腕、金曜脚、土曜背中か肩、日曜オフ…※各部位ごとに知ってる種目を全てやる感じ。今回は書くの大変なんで省略させて頂きます。」

セット数は基本気持ちが切れるまでずっとやっています。ベンチプレスはピラミッド式で頂点までいったら戻っていきます。スクワットは最初は10回出来るかどうかの重さでやっていき、重量を上げて潰れるまでやります。レップ数は基本的に10~15回です。

記者「特に自分で注意してる事ってあるの?」

芳賀「気を付けている事は重量に拘って、高重量を扱う様にしています。あと、下ろす所を意識してやります」

記者「なるほどね。目標の選手、そして今後の目標はどう考えてる?」

芳賀「目標とする選手はマッスル北村さんです。今後の目標は全日本学生21位の僕が言うのも変かもしれませんが、次こそは優勝争いに絡みたいなと思っています。親の反対を押し切ってやらせて頂いてるので良い結果を出したいです。」

記者「色々と考え方はあるだろうけど、ボディビルを自分の生活の中でどう考えてる?」

芳賀「自分はトレーニングが大好きなんです。パンプした身体を鏡で見るのが楽しいんです。普段表に出しませんがナルシストなんです笑 トレーニングを通じて出会った方々とも一期一会だと思って長く付き合いたいですし、もっと交流を広めていきたいです。一人で活動していたので…それがトレーニングに対するモチベーションです。後、ボディビルに専念する為に近々柔道部を辞めると決心しました。なのでこれからよりトレーニングに集中できると思います。」

記者「そうか?じゃ、自分でここはまだまだということか。ここは俺自信あるよってのは?」

芳賀「自分の身体の良い所は、人よりフレームが少し大きいことです。次はそこをもっと生かしたいです。弱い所は背中、胸、僧帽筋、カーフだと思っています。少しでも改善できるように頑張っています。」

記者「自分の弱い所は自分で分かってるだろ?その為に何をすべきでどうしてる?」

芳賀「最近はルーティンを変えて全体的に頻度を増やしています。特にカーフと腹筋は、ヤル気と時間が残っていれば毎回やる様にしていますし、胸の上部が弱いのでインクラインプレスを意識して取り入れています。以前オフは日曜日と決めていましたが、今は週末返上して毎日やっています。やっぱトレーニングは楽しいので笑 休みたくなったら休むという感じにしています。」

記者「それでは今年期待してるからしっかりトレーニングして表彰台目指して頑張ってな。本日はありがとう。」

芳賀「こちらこそありがとうございました。頑張ります。」

まとめ👇

温厚で実直な人柄には交換が持てる。それでいて何故か不思議な雰囲気の芳賀選手だった。学生は1年でビックリするほど変わってくる。まだ2年生である事を考えると来年非常に楽しみなのは言うまでもない。キッチリと仕上げて今回見れなかったニューバージョンのウルトラセブンに期待したい。

 

って感じの記事でした。読み返していると今やってる事と真逆な事を当時してましたね。まあ読み返さなくても本人なんで分かるんですけど。あの頃は無尽蔵に体力あって無限に筋トレしてました。今も若いけど2~3日やったらちょっと疲れてきます。トレーニングも上手くなってるからだとは思うけどね!!今も自信満々だけど、昔から自信満々だったんでそれがステージや取材で伝わってたんでしょうね。”存在感の圧倒された”とかもう何回読んでも痺れます。

昔から期待され続けて、言っちゃえばずっと裏切ってきた訳だから今年久々に復帰したんだから来年は皆を驚かせる身体に仕上げたいものです。

スポンサードリンク

おすすめの記事