スポンサードリンク

新宿二丁目最強のバルク!芳賀セブンです!

先日行われました神奈川県ボディビル選手権の振り返りをしたいと思います!!

そしてこの大会をもって今年のダイエットを終了します!!お疲れ俺!!

結果を単刀直入に言えば予選落ちしてしまいました。

ごめん!!負けた!!

でもね、今年もキレ食いしたり病みそうになったり色々あったけど、終わってみればなんだかんだ楽しませてもらいましたww

パワーリフティングでは味わえない充実感ですね。今年はこれが大変だったな~という思い出にもなりました。

で、今回は今大会の振り返りにフォーカスして書いていこうと思います!!

よろしくお願いいたします!!

横浜オープンから神奈川選手権までの道のり

先月7日に行われたマッスルフェスタ横浜大会から神奈川選手権まで約1か月ありました。

それまでの間、僕はどうやって過ごしてきたか書いていきます。

まず横浜大会終わったら直行で新宿二丁目にお酒を飲みに行きましたww

獺祭(だっさい) 純米大吟醸45 1800ml
獺祭

朝までお酒を飲んでその日も好きな物を食べ続けました。それから3日間はトレーニングを続けて行ったんですが4日目にキレ食いをしてしまいます。

それから1週間後、また食っちゃいました。それまた3日後また食っちゃいましてその勢い止まらず深夜に家を飛び出して二丁目に飲みに行ってしまいました。

その6日後に疲労が原因でまた夜キレ食い。

結局1か月の間に5回食べてしまいました。3週間前から流石に焦って1日2回筋トレをするダブルスプリットや有酸素運動を必死に行いましたが、キレ食いのペースが速すぎて全く絞れませんでしたww

ジムの仲間からも「芳賀君は絞るだけなのに絞らないから見ててイライラする」って言われちゃいましたww

そんなこと言われても我慢出来ないくらいメンタルが弱っちゃってました。

もう最後なんだし最後は楽しく笑ってようにしよう!と言う気持ちで摂取カロリーも上げてトレーニングしていました。

神奈川選手権の振り返り

僕が出場するカテゴリーはオーバーオールという要は神奈川県最強の男を決めるクラスです。

身長高い人も低い人も、筋肉デカい人も小っちゃい人もごちゃまぜの無差別で争われます。

前回体重を測ったのは1か月前の横浜大会の朝です。その間一回も測っていませんでした。

1か月ぶりに体重を朝測ったら・・・92,7kgww

1か月前と比べて400gしか落ちてないwwどうなってるんだww

キレ食いのペースが速かったんで当たり前っちゃ当たり前かww

でももう少し落ちてると思ったんだけどな~。でも落ちてないものは仕方ない!!

大会前の調整は、2日前までトレーニングは行って前日に塩分と水分をカットするくらいです。

前回大会は水分調整も塩分調整もしっかり行いましたが、大会後の身体の調子が回復するのに時間がかかったので今回は特にしっかり行うという事はしませんでした。

ま、調整もしっかり絞れている人がやってこそ意味があるものですしね…

大会当日に食べる物も、自分が食べたい物を何となくでチョイスしただけです。

パンプアップさせるのにどんな食べ物が良いか、タイミングや量を気にされる方が思いますがそんなの絞り切れていることが前提なので絞れてない人は気にする必要はないと思います。

何食っても大差ないので腹が出ない程度に食べたい物を食べてれば良いと思いますww

周りにいる選手は神奈川最強を決めるだけあって皆デカいし絞れていました。

※確かに俺は甘かったけど、ハムのサイズだけは神奈川大会の参加者の中でもダントツだなと思ってしまった。皆が小さいのではなく、僕が異常に発達してる(?)

パンプアップは身体動かしても、塩と水をカットしてたので全く筋肉は張りません。途中めんどくさくなってパンプすらやらなくなりました。ステージに立つ前に適当に腕立てするくらい。

created by Rinker
Kentai(健康体力研究所)
¥3,012 (2020/09/17 14:44:01時点 Amazon調べ-詳細)

いざ、ステージに立ってポージングすると時間が長い事長い事・・・

横浜大会ではテンポよくサッサとポーズが進んでいったのですが、今回は長かったですね・・・

これくらいが普通なのかもしれないし、じっくり比較するのに時間は必要なのは分かるんですが今年ポージング練習を1回もしてない舐め腐った僕にとっては本当に辛く長く感じました。

今回予選通過するかマジで微妙なラインだな~とは思っていましたが予想は的中しました。

予選審査で呼ばれるってことは、通れるか通れないか微妙な人が前に立ってポーズとるんです。僕それ速攻で呼ばれましたww

※横浜大会よりかはよく見える気がします。

でも呼ばれない人ってのはポーズする必要がない程に絞れていないか小さい選手、逆に予選通過確実な選手なのでここで呼ばれるという事は、まだ予選通過の光があるという事です。

僕は「きちゃったか~」と思うと同時に、「よし。まだ可能性はある」と期待を込めてポージング練習はしてこなかったけど一生懸命にポーズをとりました。

ポージングの際に心掛けている事を過去の動画や記事でまとめましたが、正直キツ過ぎて全く意識出来ませんでしたww

身体の見せ方は勿論ですが、本番で心折れない程にポージング練習をするのも大切なのかなと思いました。学生時代はやってたけどポージング練習は人に管理されてないと全くやらないんだよな・・・

回り全体を見た感じ、ちょっと厳しいかもな~と心の隅っこで思いつつも全力の笑顔でポーズいたしました。

※学生大会の頃から一緒に出てた現マッチョ29メンバーの飛鳥君の隣でポーズとれたのが嬉しかった。

結果が発表されるまでドキドキでしたが、結果は予選落ち!!

くう~~~フリーポーズしたかった~!!!順位なんてどうでも良いから久々にウルトラセブンを大観衆の前で披露したかった。

流石の僕も2分間凹みました。でもまあ仕方ねえ。逆に93kgのこの甘い身体で予選通れるかどうかの争いが出来たのだから凄いと思います。

しかも僕5か月間体重停滞してたことになるんですけど、ってことは2か月間のダイエットでここまで絞ることが出来たという事だし、2か月でここまで争える身体に出来たって事なのだから!!逆に色々と凄すぎるww

負けはしたけど、切り替えて今度はパワーリフティングモードに入ります!!

これからの展望&神奈川選手権のまとめ

次の目標は3か月半後に行われる神奈川県パワーリフティング選手権です。105kg級でエントリーするつもりです。

僕は正直結果なんてどうでもよくて、過去の自分を塗り替えれればそれで良いと思っています。

パワーリフティングに関しては2017年度2018年度と優勝してしまったので、ちょっと順位を意識してしまうのですが本来の目標は見失わない様にしたいです。

11月のパワーリフティング大会の目標は、あくまで3種目の各自己ベストの更新です。

ベンチプレスは160kg以上、スクワット280kg、デッドリフト306kgです。

スクワットは僕の作った神奈川記録の+20kg更新、デッドリフトはこれも僕が作った神奈川記録の25kg更新の306kg。デッドに関しては日本記録が近かったので適当にこの重量に目標設定しましたww

まあいけるっしょwwいけると思ったらいける!!

この記録を念頭に置いてこれからトレーニングを再開させます!!

で、今回の神奈川大会で思った事は応援してくれる人がめちゃくちゃ増えたという事です。

※予選後に大学時代の先輩とジムの後輩と記念撮影!!

これは横浜大会でも感じたことなんですが、そこら辺歩いてたりすると他の選手の方だったり、今大会は高校選手権もあったんですが高校生の子とかも話しかけてくださいました。

ステージに立っても僕の番号を大きな声で叫んでくれる人が多数いたり・・・学生時代だったらまずない事です。僕は常に一人でボディビル活動してて、一緒に筋トレする仲間もいなかったし、常に大会も一人で出てたので応援してくれる人も0人でした。

ですが今はSNSやYouTube活動を通じて認識してくださる方が増え、色んな方が声をかけてくれる様になりました。常に1人だったから本当に嬉しいです。

ジムで声をかけてくれる人も増えたし、言ってしまえば常に1人ボッチだったので一緒にどこかに行こうよ!と誘われたり、飲みに行ったりするのがちょっと違和感があるくらいですww

人に応援される、応援してくれる人が居るってなんて素晴らしい事なんだろうって思えるようになりました。

今大会、僕に期待してくれていた人を裏切っちゃうなるけどごめんなちゃい!!こーゆー時もあるさ!!常に上手くいく訳ではないよ!!

でもクヨクヨしてる暇はないのだ!!今度は11月にパワーリフティング大会を控えているので3か月後期待しててください!!僕頑張るんで!!

ダイエット7か月間色々あったけど、キレ食いも病み気も全て含めて僕の成長に繋がります!!全てにありがとう!!

スポンサードリンク

おすすめの記事